五感を信じる疫病神へ

140字では収まりきらない話を

神様はいました

初めまして(お久しぶりの方はいつもありがとうございます)ゴリライモと申します。

名前の通り秀でた気持ち悪さを見せるオタクです。よろしくお願いします。



言わずもがな、6月28日に発売となる関ジャニ∞さんの「ジャム」という売れるしかないアルバムについてお話させていただきたいと思います。売れるしかねえ〜〜!



収録曲で豪華アーティストからの提供曲!ってことは見知っていました。よく番組で見るようになって慣れてしまいがちなところを、ものすごい人達やったやんけ!と音楽で頭を殴られるような豪華すぎる方々が、7人のことを考えて7人のためだけに作られた歌を聴ける、耳で味わえる、ヤッターー!!!!!!!と叫びたい気持ちを抑えてブレーキランプ5回点滅する日々を送っています(アイシテルのサイン)


なによりも売る気満々な通常盤に、音楽を奏でるだけではなく作り出せる天才がいることを惜しげも無くアピールしていて本当泣けます。本当売れてね。。買うね。。。。自分達だけのレコード会社を作りたかった彼らの本当の意志が見えてきた気がしました。特典も余すところなく見たいものばっかりで、世間一般とオタクの求めるものが同じって本当にすごすぎる、関ジャニ∞強すぎる。





そして、今回の本題、ユニットのお話をさせて下さい。



神様は、いました。



村上信五くんに一目惚れし、関ジャニ∞という存在を知り、年上3人の関係性を知ってから、1日たりとも考えなかった日はありませんでした。

横山裕渋谷すばる村上信五の年上3人での三馬鹿ユニットはないものかと。考えました。探しました。求めていました。ずっと


なんとなく三馬鹿推しを感じてはいたんです。例えば君だけにとか。例えばなぐりがきBEATとか、思えば大阪ロマネスクの年上と年下で分けたパートからもうオタクは三馬鹿ユニットのことを頭に入れて次こそは、次こそはと待っていたのかも知れません。


最近ずっと村上信五担の間で話題になり恐怖や不安の対象だった「ソロ」、ユニットがABの2チームに対してTAKATSUKINGの新曲発表。


人それぞれ考え方や推し方は違えど、なぜここまでソロに対して敏感かと言われればそれは「本人の意思ではない」からだと思います。すごく個人的な意見で申し訳ない。私は実際そうでした。レコメン横山くん卒業の時だってそうだったし、丸山くんが居なくなる時にはひとり舞台で「勝手におらんくなってまうねんもん」と眉を下げて困ったように笑う顔が忘れられなくて、


あぁそうだこの人のこういう所が好きでオタクになったんだと改めて胸が痛めつけられました。

自分より先に寝るのを許さないところとか、怖い話を聞いた時に友達とトイレに行くところとか、お化けが怖くて1人が嫌で、日本1かっこよくて渋いエッチなおっちゃんなくせに、いや、だからこそ、私はこの人が好きなんでした。好きです。一番に。



朝起きたら発表されている方式の、夢から覚めたらここも夢パターン本当にジャニーズアイドルを感じて大好き、、、いつもありがとうね、、、、(?)



「Answer 横山・渋谷・村上」

まず見た瞬間に色んなことが頭をよぎって、嬉しさと恐怖で足が震えました。そのくせに、喉からはヤッターーーーと大声が出ました。だって!ヤッターーーーしかねえ!ヤッターーーー!


3人はなんの答えを出すつもりなんだろうと思ったら、正直怖くなりました。今までの3人になんの終止符を打つんだとか、三馬鹿に対する大きな気持ちに一つ区切りを付けられるような不安とか。


多分いつまでも、楽しみにしておきたかったんだと思います。まだかないつかなって、この先ずっと、待ち続けたかったんだと思います。ケーキのイチゴは最後に食べるタイプだと思い出して、初めて感じるこのモヤモヤに納得しました。



でも、ここが彼らのすごくて凄すぎるところなのかな〜と。オタクのめいっぱい願ってた3人ユニットが、待ちに待った年上3人、年下4人のユニット分けが関ジャニ∞の一番売り出したい気迫を感じるアルバムに収録される。


関ジャニ∞を知らない皆さんに、まず僕らを知ってください!と名刺代わりになるアルバムで商売道具として、そしてファン待望の、ユニットを見せてくれたんだと思います(まだ見てない)



answer の意味を調べていたら、「一致する」「責任を取る」「反論する」など何十通りも使い方があって驚きました。


答えがゴールではないだろうし、例えばウインクキラーですばる君から横山さんへ手紙を読む時も一種のゴールだったかもしれない。8ESTの双六で大倉くんが横山くんへ読んだ手紙もどこかの答えだったかもしれない。



ごちゃごちゃ考えてしまいますが、正直なところ


大好きな自担が、練習や撮影で寂しいなんて言うことがなければ、もうほんとにそれだけでいいんです。楽しそうにしてるところを見せてくれることがオタクの娯楽なんです。

神様です。彼はオタクの、神様です。

そんな村上信五くんの音楽の神様渋谷すばると、今があるのはあなたがいたからだと胸を張ってついていける神様の横山裕の3人組ってもう無敵過ぎないですか?レスキューレスキューみたいな感じじゃないですか??(?)




絶対売れてねジャム!!!!!!!!!!!!!!!!!!売るぞ!!!!!!!!!ジャム!!!!!!!!!!!!!!!!!!






支離滅裂な気持ち悪いオタクの戯言を見てくださった方、ありがとうございます!またいつか!近ければ、夏のドームで共に楽しい時間が過ごせますことを願っております!

失礼いたしました。