僕にとってのヤクビョーガミ

140字では収まりきらない話を